がん治療の副作用を軽くする水素

TOP * 病気の改善 * ガンへの水素療法による抗腫瘍効果 * 水素点滴で進行を防ぐ * 水素点滴を使う * 水素点滴は悪玉のみを除去 * 自由診療 * 症状を整える * 美容面 * 水溶性ビタミン * 施術先はソララクリニック * 水素点滴の歴史 * リスクや副作用 * サイトマップ
  • 水素の効果

    がんは体内の細胞が様々な要因によって変異し、そのほかの健康な細胞を
    攻撃して自身と同じ細胞に作り変えてしまう厄介な病気です。


    がんの治療法はステージ別に分かれており、1から2においては
    まだ小さいため、内視鏡を使って切り取った後に焼いて傷跡と残った細胞を焼失させて、
    その後経過観察を行い再発がなければ完治するという流れです。水素点滴が効果的


    しかしステージ2の後半から3と4に移行すると、細胞は肥大化しているため
    切り取るだけでは細胞内に残ってしまう場合があります。


    それでは残った細胞が活動を開始すると再び再発が進んでしまうため、
    そこで行うのが抗がん剤である進行抑制剤を点滴することです。


    切除して残った細胞は手術では取り除けないほどに小さく分裂しているので、
    強い殺菌作用のある進行抑制剤を使用することによって取り切れなかった細胞を抑制することができます。

    病気に悩む
    これらの観点から、ステージ2の序盤でもリスク低下のために進行抑制剤を
    点滴することがありますが、ただ欠点が進行抑制剤を点滴することは
    処方された人間にとってすごく副作用が強いことです。


    先に言ったとおりに強い殺菌抗菌力のある溶剤を点滴することで抑制するのですが、
    ただ血管を通して全身に運ばれるため健康な臓器にも負担をかけてしまい
    抜け毛だけでなく強い吐き気を出してしまいます。


    それが体から抜けきるまで続くので負担が大きいのです。
    そこで、抑制することは大事なので進行抑制剤を点滴するのは継続すべきことですが、
    やはり副作用の影響を少なくする方法も重要となります。

    点滴でデトックス
    そこで近年の医療機関で取り入れられているのが水素点滴という方法です。
    水素点滴は水素ガスが入った栄養剤を点滴するという方法で、
    元々は血管内の老廃物を取り除くデトックス効果で疲労回復をするために使用します。


    この水素点滴を進行抑制剤を点滴した後に使用することによって、
    この水素ガスが役目を終えた後でも血管内に残っている薬剤を包み込んでしまいます。


    包み込んでしまえば後は体の持つ排出力によって、水素ガスごと
    薬剤を洗い流すので副作用の負担が軽減するというわけです。

  • © Copyright 水素点滴の治療方法 All Rights Reseved.